読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やませれのCerezo Blog ~ここにしか咲かない桜~

セレッソについて書いたりしています。写真とかのせたり思ったことをつらつらと。。分析とかもできません、写真も良くはないかもしれない、ただセレッソが好きなので書きます。

手倉森誠氏がフリーらしい? #セレッソ #監督 #U-23

Jリーグ話

できる者ではなく、最低の者のレベルを上げることこそ教える者の技である。」

指揮者・小澤征爾さんの言葉。らしい。

http://orch.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_a95/ORCH/104-1f953.jpg?c=a4

 当然サッカー選手の中にも、巧い下手があるだろう。
成長過程だ。と思うのと、レベルが低い。と思うのとでは、見え方が変わってくる。

 見極めて、底を上げていける技量があるかどうか。それが指導者として力があるか否かの判断材料の一つ。

その「底上げ」は、育成クラブを目指すセレッソ大阪で、避けては通れない道になる。・・・今、それがどれだけできているかは少々疑問だ。

と思っていたら?

JFAとの契約が切れるという話で、手倉森誠氏の手が空くようだ。今後も監督業を続ける意向らしく、恐らく色んなクラブから引く手あまたになることが予想される。

そこで、気になるのがセレッソ大阪の動き。

今の現状(戦術、采配、その他諸々)からして、監督交代をした方が良いのは明らかだが、実際の所はなり得る人材がいない(よね)。

サポーターの皆さまへ | セレッソ大阪オフィシャルウェブサイト | Cerezo OSAKA

↑少し前(8月8日)にこの発表もあったぐらいだし、続投する意向なのだろうが、少し先を考えるなら「来季」になるだろうか。

まだ今季さえ決まっていないのに何を・・・と思われるかもしれませんがあくまで、妄想ということで少しだけお付き合いいただければ(もちろん今季でも良いけれど、可能性は低い)

「育成型クラブ」という名前を出す以上、監督もそういう要素があった方がいいだろうが、手倉森氏が監督を務めていたU-23日本代表も、育成年代ではある(プロ選手がほぼだが)ので育成という面では申し分ないし、Jリーグでの経験もベガルタ仙台時代(2008~2013年)に充分積んでおり、成績も実績もある。

手倉森誠氏 監督成績データ
年度所属クラブリーグ戦カップ戦国際大会
順位試合勝点ナビスコ杯天皇杯ACL
2008 J2 仙台 3位 42 70 18 16 8 - 4回戦敗退 -
2009 優勝 51 106 32 10 9 - ベスト4
2010 J1 14位 34 39 10 9 15 ベスト8 2回戦敗退 -
2011 4位 34 56 14 14 6 2回戦敗退 ベスト16 -
2012 2位 34 57 15 12 7 ベスト8 3回戦敗退 -
2013 13位 34 45 11 12 11 ベスト8 ベスト8 グループリーグ敗退
J1通算 - 136 197 50 47 39
J2通算 - 93 176 50 26 17 ©wikipedia

 ちなみに、大熊氏と手倉森氏の推定年俸は 大熊清(約3,000万円)、手倉森誠(約3,500万円)らしい(ともに2014、2013年のデータ)

過去の簡単な監督成績は J2優勝経験が共に有、大熊氏はFC東京天皇杯優勝の経験もある。手倉森氏は2012年J1で年間順位2位の成績を残している。

分からないのは大熊氏と手倉森氏が意外と成績面ではそんなに大差がないことで、大熊氏が戦術などに今疑問を持たれている中、二人の成績はそんなに変わらない。

なので、一概に過去の実績だけでは語れないのかもしれない。

http://www.jsgoal.jp/files/photo/00001400/00001478-G.jpg

だから、手倉森氏がセレッソ大阪に適任だ!とも言えないが、決して悪い人選ではないように思える。

セレッソの好き?な、話題性にも富んでいるし(それだけでは意味ないけど)。

面白いサッカーができるかは分からないが、少し先を見据えつつチームを作っていくなら、国際経験を積んだ手倉森氏が監督になることはマイナスとは言いにくい。

f:id:yamadacerezo:20160817222118p:plain

ただ手倉森氏側からみて、他のクラブではなくセレッソ大阪を選ぶ理由は今のところない。J2だし、将来のビジョンがあるのかも不透明だし・・・それでも予算が極端に少ない訳ではないので、J1昇格できれば、やりたいことをさせてもらえなくも無い。

手倉森氏は『しばらく休養してゆっくり考える』とコメントしていたので「今季の」オファーは(恐らく)どのチームも蹴られるだろう。

来季に向けて、水面下で監督人選を考えるJリーグチームにとって「手倉森誠」が魅力的な人材であることは間違いない。セレッソ大阪も動いておいて損はないと思うが・・・。

ああやっぱり、今年J1昇格しないとあかんのや。。

広告を非表示にする