読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やませれのCerezo Blog ~ここにしか咲かない桜~

セレッソについて書いたりしています。写真とかのせたり思ったことをつらつらと。。分析とかもできません、写真も良くはないかもしれない、ただセレッソが好きなので書きます。

まず思い込むことが大事なんだよ、何をするにしても。 #セレッソ #グランパス #扇原貴宏

セレッソ 移籍

f:id:yamadacerezo:20160702233856j:plain

「水の柩(ひつぎ)」という小説を少し前に読んだ。その中のある言葉だけを伝えようと思って、書いている。

そうだ、今日はタカの挨拶の日だったんだ。さっきウトウトしてしまって、時間感覚がよく分かってない。ずっと淡い夢の中にいたのかな。水の柩の中みたいな。

まず思い込むことが大事なんだよ、
何をするにしても。
世の中のほとんどのことには、
どうせ正解なんてないんだから。

面白いとか正しいとか、
何でも思い込んだもん勝ちだよ。 

この言葉を、タカの移籍に際して綴ろうと思ったので、書き残しておくことにします。

f:id:yamadacerezo:20160702234014j:plain

殆どを小説の一文が語ってくれているから、僕が言うこともあまり無いけれど。

日常で、こんなことってある。
これで良かったかな、とか。
今の選択は間違ってたかな、とか。
悩んだり苦しんだり。

それでも、それを考えようが考えまいが結果は自然と出てきて、時間は過ぎていく。

グランパスに移籍した、これは正しい」
セレッソは移籍させた、これも正しい」

綺麗事だけでは語れないとしても、決まったものは事実として目の前にある。・・・それなら「思い込んだもん勝ち」と考えていた方が、どれもうまくいくような気がする。

f:id:yamadacerezo:20160702234036j:plain

ただ、扇原貴宏セレッソ大阪のナンバー2であったということは事実。正解であったかどうかは、分からないとしても。

f:id:yamadacerezo:20160702234030j:plain

もしかしたら、半年後とかに選択が「間違っていた」って思う時があるかもしれないけど。それはその時考えればいい。

f:id:yamadacerezo:20160702234144j:plain

まずはこれだけ、幸せな場所で暮らしていられることを有難く思うこと、の方が先かもしれない。・・・話が大きくなりそうなのでこれくらいにしておこう。

f:id:yamadacerezo:20160702234203j:plain

f:id:yamadacerezo:20160702234200j:plain

広告を非表示にする