読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やませれのCerezo Blog ~ここにしか咲かない桜~

セレッソについて書いたりしています。写真とかのせたり思ったことをつらつらと。。分析とかもできません、写真も良くはないかもしれない、ただセレッソが好きなので書きます。

ここまでの玉田圭司の起用法を考えると大熊監督の、無策さ?と、玉田に対する期待の無さ?が見えてきた、話(根拠無し!) #セレッソ #cerezo #玉田圭司 #ブログ #写真

セレッソ 雑記

玉田待望論、の声が全国各地津々浦々、色んなところで上がっている。

 
まず言っておくべきことは玉田圭司が出たから、絶対に勝てるとは限らないということと、それを踏まえそれでも玉田が見たいという人が多いということ。
f:id:yamadacerezo:20160509123610j:image
それは、昨年の活躍がめざましいものだったこともあるし、ここ一番で結果を出してきた実力があるからだろうし、彼なら何かを変えてくれるという期待をサポーターが持っているからだろうと思う。

 2015年のプレーオフ決勝、残念ながら勝てなかったけれど、あの時の玉田の先制ゴールはこれまでのセレッソの歴史においても強烈なゴールだったし、試合後にコーナー付近で座り込む姿には、「誰よりも熱く、セレッソをJ1にあげたかった」という気持ちが感じられたし、だからこそ、2016年もセレッソで戦うと決めてくれたのだと思っている、勝手に。

f:id:yamadacerezo:20160509123656j:image
その玉田圭司はご存知の通り、今シーズン思うように試合に絡めていない。去年もアウトゥオリ体制の下であまり試合に出れない時期もあったからそこまで悲観する必要も無いかもしれない。
 
僕も実際、どこかで玉田にもチャンスは来る、と思っている。ただひとつ懸念があるとすれば、ここまで(2016/5/9)全12節を終えての、玉田圭司の起用法かもしれない。
f:id:yamadacerezo:20160509123755j:image
玉田は、これまでの12試合で全てリザーブには入っている。そしてそのうち3試合に途中起用されている。逆に言えば先発出場は1試合も無い。気になるのはその起用された貴重な3試合の使われ方。
 
今シーズン初出場は、第7節・アウェイでの清水戦。この試合は2-0で快勝しているが、玉田が出たのはロスタイムに入ってからの数分。
この時点で2点リードがあった。交代の意図を勝手に予想すると、既に澤上と関口が投入されていた状況で最後の交代として玉田は出場した。
 
この時点でほぼ勝ちは手中にあり(相手の気持ちも切れてたかな)最終ラインに無理やりDFを増やす意味もなかったし「前線に玉田を入れて、走り回ってもらって試合を終わらせようか」というものだったと思う。
…これは玉田を評価するには値しないだろう。実際ボールタッチも1回か2回あったか無かったか、程度。
f:id:yamadacerezo:20160509123823j:image
次の出場は第8節・ホーム北九州戦、75分からの出場。この時点でセレッソは1点リードを許し、相手は守りを固め、それを攻めあぐねていた。そこで山村に変え(ボランチを削って)玉田を入れた。無理やりでもゴールをこじ開けるために変えたと思う。(この後も後ろを削って前目の選手を入れてる)
 
ただこの後、結果的に1点を奪うけれどサイドからのクロス一辺倒(得点もサイドからのボール)で、玉田の良さは生かし切れたとは言えない。もちろん玉田はクロスの精度が高いし、それを使いたくて入れたのかもしれないのだけど。
f:id:yamadacerezo:20160509123930j:image
やはりここでも、玉田を使う意図としてはハッキリしない。大熊監督があそこで玉田を入れてどうしたかったのかが試合を観ながら最後まで分からなかった、のが正直なところ。
f:id:yamadacerezo:20160509124020j:image
最後に玉田が出たのは、第9節・アウェイ札幌戦。これも75分からの出場で、投入された時点で試合は0-0、結果的にその後に失点を食らって0-1で敗戦する。この試合では比較的試合にも絡めていたとは思う。
 
ただ、失点後に澤上を投入して、さらには柿谷を最終ラインまで下げ、パワープレーをしたことを考えると、玉田は結局何のために入ったのだろうと言わざるをえない。
f:id:yamadacerezo:20160509124031j:image
 
ここまで、うだうだ講釈をたれてきましたが、結論は記事タイトルのままです。
 
大熊監督は、玉田に対しての信頼や期待が無いのか、単純に玉田を活かす方法さえ見つけられない、無策な人物なのかということ。
 
過去ばかりをほじくって、色々言っても変わらないことは知っているつもりなのですが、どうしてもこれだけは書いておこうかなと思って、記事にしました。
批判もあると思います、「そんなこと無い、全ては推測だ」と言われると思います。。
 
確かにその通りです(爆)。
全ては推測です。
 
それでも上記の3試合以外で、サブに入りながら出場さえ無いのはとてももどかしい…。活躍できない選手なんかじゃ無いし、絶対に結果を出せる選手だから、です。
f:id:yamadacerezo:20160509124135j:image
最後に、、、玉田圭司が出たから絶対勝てる訳ではないのは重々承知済みですが、もし仮に仮に仮に大熊監督が、期待してないとか信頼してないとか使い方がわからん(?)というだけで起用しないのなら、ふざけるな〜〜ということです。
 
そんなことは無いと信頼してますけど。
セレッソを監督をチームを!
 
広告を非表示にする