読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やませれのCerezo Blog ~ここにしか咲かない桜~

セレッソについて書いたりしています。写真とかのせたり思ったことをつらつらと。。分析とかもできません、写真も良くはないかもしれない、ただセレッソが好きなので書きます。

リオ五輪最終予選 なでしこJAPANvs韓国 雑記、と野次の無さ

日本代表 雑記
3月に入ったばかりのキンチョウスタジアムは、まだ春の陽気とは言い難い冷たい空気に覆われていた。

f:id:yamadacerezo:20160303090948j:image

試合内容も、それを真似るかのように少し物足りなく、寒さを助長させてしまうようなものとなってしまったのが残念だ。

f:id:yamadacerezo:20160303090036j:image

サッカーなでしこJAPANのリオ五輪最終予選、第2戦目 vs韓国戦を観に行ってきた。

f:id:yamadacerezo:20160303090056j:image 

f:id:yamadacerezo:20160303090110j:image

言い方は悪いけど、チケットは当日でも余裕で買える感じでまだまだなでしこの人気が裾野まで拡がってないのかなという印象を受けた。

f:id:yamadacerezo:20160303090127j:image

最終的な観客数も約5,600人。去年のセレッソでもこのくらいの観客数だったのは、1回戦で負けた天皇杯くらいだっただろうか。

f:id:yamadacerezo:20160303090145j:image

予選1戦目もじっくり見ずに行ったけど、それでもいつものスターティングメンバーから変えてきたなというのは名前で何となくはわかった。

宮間、川澄、大儀見といった「外せないメンバー」以外はコンディション面も考えてターンオーバーをするのかなあという感じ。

f:id:yamadacerezo:20160303090301j:image

勝利しないと五輪切符がかなり厳しくなる日本は、序盤から積極的にゴールへ仕掛ける。前半だけで10本シュートを浴びせたらしいけど、決定的なチャンスは1、2回だったか。

f:id:yamadacerezo:20160303090324j:image

クロスバーに当たった跳ね返りを大儀見がしっかり当てていればもう少しゲーム展開も楽になったかもしれない。

f:id:yamadacerezo:20160303090342j:image

ただ、圧倒していたかというと正直何とも言えない。韓国は「らしく」球際に激しくきて、局面で負ける場面も目立ち、悪い奪われ方からカウンターを食らうシーンも幾つかあった。

f:id:yamadacerezo:20160303090410j:image

結果的には、お互いに得点を奪えないまま前半を折り返す。

後半は日本が、自分が座っていた席の方に攻めてくるのだけど、それがまた少ない。ようは韓国が攻めるシーンが目立つのだ。
日本は奪っても縦に入れられない。逆サイドに振るのも少しテンポが遅く相手がしっかりついてきてしまう。

f:id:yamadacerezo:20160303090514j:image

大儀見の所でもあまりボールが収まらず、得点の匂いがしない時間が続く。

f:id:yamadacerezo:20160303090554j:image

佐々木監督が動いたのは59分。岩渕を投入して勝負に出る。明確な「得点を奪え」というメッセージなのは素人目にも分かった。

f:id:yamadacerezo:20160303090628j:image

しばらくこう着状態が続き、やっとやっと試合が動いたのは84分、途中投入された岩渕のラッキーゴール。サイドからのクロスが流れてきて、たまたま?頭に当たってゴールイン。

f:id:yamadacerezo:20160303090655j:image

だけど、何となくこのまま勝てない気がしていた。それは別にここで書ける程のデータとか理論とかは無く、その場の感覚的なものだ。
いつもセレッソで味わう「まだ何かある」という悪い予感のような。

予感は当たり、キーパーの取りこぼしたボールを押し込まれ同点、そのままタイムアップ。
日本は五輪出場に向けて、とても厳しい状況に追い込まれてしまった。

f:id:yamadacerezo:20160303090727j:image

…と、試合の雑記はこんなところで、あと一つなでしこの試合を初めて見て感じたことを。

寒い気候の中、あの物足りない試合だったのだから、野次の一つでも飛ぶのかと思えば、何ということでしょう(?)

みんな、次への切り替えだーとか、まだあるぞーとか。前向きな声ばかり。ゴール裏サポーターも最後までニッポンコール。別に、これが良いとか悪いではないんだけど、セレッソが学べるところも沢山あるなあと思った次第で。

f:id:yamadacerezo:20160303090752j:image

なんというか、熱くなる気持ちをただ野次でぶつけたら、それで言った本人はスッキリするかもしれないけど、周りで見ている観客、子供、言われた選手とか、何も良い気分はしないだろうなあって。

f:id:yamadacerezo:20160303090806j:image

野次が無くて良い、とまでは偉そうに言えないけど、もう少し選手に対してリスペクトの気持ちがあっても良いんじゃないかなと思ったかな。なでしこの応援を見てて。

f:id:yamadacerezo:20160303090855j:image

感じたことはそんな所。

f:id:yamadacerezo:20160303090914j:image

気候は確かに寒かったけどなんか温かかったよ、心は。

広告を非表示にする