読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やませれのCerezo Blog ~ここにしか咲かない桜~

セレッソについて書いたりしています。写真とかのせたり思ったことをつらつらと。。分析とかもできません、写真も良くはないかもしれない、ただセレッソが好きなので書きます。

2016明治安田生命J2リーグ第1節 FC町田ゼルビアvsセレッソ大阪 雑記

セレッソ・試合レビュー 雑記 セレッソ
恐らく、今年もまた色んな意味で苦しむシーズンになるんだろうと、思わざるを得ない試合内容だったので、周りでも開幕戦に対して悲観的なコメントが多かった。

町田戦のスターティングメンバーは、舞洲とかで見てた人は簡単に予想できるようなメンバーだったらしく、大方の予想通りの面子。
最近のセレッソはほとんど、想定外なものは無いけれど。

キーパーにキムを据えて、最終ラインが右から松田、茂庭、山下、丸橋。中盤は、ボランチの位置にソウザと山村。オフェンシブな位置に右から柿谷、杉本、ブルーノメネゲウ。1トップにリカルドサントス。

序盤から町田は自分たちのやるべきこと「積極的にボールを奪いに行き、シンプルに攻める」という、まさに最近の「セレッソとの戦い方」の王道を行くようなやり方で戦ってきた。

それに対してセレッソは、なかなか上手く前線でボールを収めることができず柿谷やブルーノメネゲウが守備に走るシーンが目立った。

前半のほとんどを、町田のやりたい事をさせる時間、にさせてしまったのはセレッソがまだチームとして確固たるカタチを得ていないからだろうと思った。前半だけを見れば、去年より出来が悪いのでは無いか、と思ってしまうのも仕方ないモノ。

バイタルエリアは、ケアされずドリブルやクロスに対して何も対応できないことが何度もあって、決定的なシーンも数え切れず。

ここで失点していれば完敗以外の何物でもなかった。

運が良かったのは、決定的なシーンがJ2のクオリティだったということ。そして、キムジンヒョンが当たっていた、ということ。

後半にセットプレーから得点を決めて逃げ切る訳だけど、この試合で得点を決めた山村は及第点にも達していないと思う。

山村はボールを奪取する力には長けているけど、カバーリングボランチとしての気配りがまだ物足りない。
相方のソウザがそこを補ってくれればいいけど、どちらかというとソウザも山村と同じようなタイプだからそれを求めるのは少し酷だろう。

あと、気になったのは采配。もう去年からずーっと言い続けてるから飽きてきたんだけど、ほんとサポーターに采配させたほうがいいんじゃ無いか、と思われてしまうほどの消極的な大熊監督。
去年、大熊監督が指揮を執った数試合は割と文句無い交代が多かったけど、今年はどうだろうか、と少し考えさせる采配だったかな。

「監督」には今年も悩まされそうな気がする。
なんだか、大熊氏の就任も付け焼き刃的な選び方だったようだし。ピースは揃っているだけに調理する人が良ければ間違いなくJ1でも戦える戦力なんだから、2016年頼むよ。

f:id:yamadacerezo:20160302114603j:image

もう去年のPO決勝のような悔しさは味わいたくないから。
広告を非表示にする