読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やませれのCerezo Blog ~ここにしか咲かない桜~

セレッソについて書いたりしています。写真とかのせたり思ったことをつらつらと。。分析とかもできません、写真も良くはないかもしれない、ただセレッソが好きなので書きます。

「想像カメレオン」 #セレッソ #長居公園 #散歩 #x7i

長居公園を散歩してきた。穏やかな空気が流れてて、心地よかった。 普段触れてないようで、触れてるもの。歌を聴くと自然と詩が入ってくるはず。でも「曲の無い詩」は途端に堅苦しいものになってしまう。けれど、曲を作る才能も無いから、言葉だけを綴ってみ…

ポルトガル語で、ありがとうはobrigadoだったよね。

あなたは今、笑っていますか? それとも泣いていますか? そのどちらでもないでしょうか。

2016.09.26(mon) 呟けば8ツイートになるものを、記事にする。

いつか永遠を誓う日が来るだろうか。愛する人と、いつまでも愛し合うという当たり前のことや、好きになった何かをずっと応援したりすることや。それか、永遠なんて無いんだということを永遠に誓うことが一番初めだろうか。

Dear Kim JinHyeon 「365日」 #セレッソ #cerezo #レノファ #舞洲 #日記

私達は常に同じ時を共有しているが、人によってその「時」というのは、嫌な時間だったり、最高の時間だったり、何でもない時間だったり様々で、万人が一日を同じ気持ちで過ごせることは無いだろう。

別れの時は、だから涙 #小谷祐喜 #移籍 #セレッソ #ロアッソ

詩的であって、読みにくいとは思うけれど短いので最後まで読んで頂けたら幸いだ。

セレッソのエッセイ(って何だ?)です「透明の蜘蛛」 #札幌戦 #cerezo

明日の上位決戦は、言わずもがな大切だ。勝てば暫定で首位に立てる。そう、セレッソの最も苦手なポジションになる。 ただその苦手意識を乗り越えていかなければ、次の段階には行けないのだ。 少し前に、透明の蜘蛛、というエッセイみたいなものを書いた。そ…

明治安田生命J2リーグ第21節 ロアッソ熊本vsセレッソ大阪 雑記、と言うほどでもない #cerezo #roasso

僕は大阪に住んでいる。だから、東北の震災の時も熊本の地震の時も、それから世界各地で起きるテロなどにも妙な距離感を覚えてしまう。 もちろん、心痛むし、何か出来ないかと考えて動いたりするし、複雑な感情を纏ったりもする。

タカの移籍の話のこと #セレッソ #扇原貴宏 #グランパス

前に書いた文章かもしれないけど。 「放物線」 空高くに投げられたボールは必ずいつか落ちてくる でもそれが一度として同じ所には落ちないみたいに僕らずっとここに居続けることはできないんだろう 生きている限り常に変わっていかなければついていくことは…

熊本地震から立ち上がる為にもロアッソ熊本戦は満員になってほしい呟き#セレッソ #ロアッソ

僕は行けないのですが…。 ロアッソ熊本の、熊本地震後、初の熊本でのホームゲームがセレッソ大阪との試合。これも何か巡り合わせ的な、理屈で語れない何かなのかもしれないのだが、それのチケットが比較的まだ残っているらしい。 サッカーで盛り上げていく、…

山口螢のセレッソ復帰に際して、作った歌(?)「ホタル」 #詩 #ポエムか #うぬぼれ感

君にしかできないことがある君にはできないこともある 僕らにしかできないことがある僕らにはできないこともある 君はボールを追いかける僕らはそれを後押しする 僕らは応援をし続ける君はそれを力に変える そんな風に人々は支え合い励まし合い手を繋いでる…

2016.06.04(sat) C大阪vs讃岐 雑記+決意を新たにする動画 「旅の終わりに」

試合を振り返り やっぱり、ショッキングではあった退場も、失点も、観衆も、何となくは予想できたけれどそれでもあの負け方は悔しい もしかしたら、この試合で勝ち点を1拾ってれば自動昇格だったとかいうことが、あるかもしれないけど、悔やんでも仕方ない…

パウロ エミリオ氏を知らない僕、とつとつと命を語る。 #セレッソ #パウロエミリオ #写真

1993年にセレッソ大阪が出来てから2016年現在までのうち、私が知っているのは10年足らず。約半分くらい。だから、と言えば言い訳になるが「パウロ エミリオ」のことを僕は知らない。恥ずかしながら今回の訃報を通じて、深く知ることになった。 彼の事を、知…

vs山口戦 写真「はるまついぶき」をセレッソ大阪に聴いてほしい。  #セレッソ #レノファ #x7i #bankband #Mrchildren

Mr.childrenのボーカル・桜井和寿氏が主宰を務めるBank Bandが出した曲に「はるまついぶき」というものがある。この詩を見て、曲を聴いて、今のセレッソ大阪に聴いてほしいと思った。セレッソ大阪が曲を聴く?なんて不思議な話だけど、とにかくセレッソ大阪…

【愛媛FC戦後】独り言。。 #2016 #明治安田生命 #J2リーグ #第12節 #セレッソ #愛媛FC #写真 #ブログ

微調整はたぶん素人には分からないほどのものだったのかもしれない 引き出しが少ないと手数も読めるある程度想定すればそれ以外の事は起きない起こしようがない 愛媛FC戦はゴールデンウィーク最終日の胃もたれを真似たかのように消化不良の一戦となった

【愛媛FC戦を控えて】日常が戻ってくる有難さと、四国の人は優しいという呟き #愛媛FC #ニンジニア #セレッソ #cerezo #ehimefc #写真 #photo #ブログ

いま書いているのが、2016年5月7日(土)の14時ぐらいゴールデンウィーク、本当の終わりの終わりまた日常が戻ってくる それでも、熊本や福島の事とかを考えると日常が戻ってくることの有難さを感じずにはいられない 愛媛戦を目前にしてセレッソは前節松本山…

僕、清原翔平のプレーを見て、もし大熊監督が使わなければ爆発するかも、な話 #セレッソ #cerezo #清原翔平 #写真 #photo #雑記

いや、タイトルの爆発力がまず強すぎたこのハードル、くぐるしかないのかと思ってしまうほど位置を高く設定しすぎた、後悔でも間違っては無い(強気) J3の大阪ダービーと、とある日の練習試合の計二試合で清原のプレーを見たツイッターなど各メディアで早く…

初めてセレッソを観に行ったときのピッチの美しさ等々の話 #cerezo #photo #brog #x7i

2004年10月30日(土)ホーム浦和戦 を見たのが生セレッソ観戦の1試合目 セレッソよりも先に大久保嘉人が好きになって代表戦を見てサッカーも好きになってそして大久保嘉人が所属するセレッソ大阪が住む街にあってそれでたまたまセレッソを見るよう…

写真の記録@2016 J2リーグ 第10節 C大阪vs京都 #セレッソ #サンガ #写真 #cerezo #sanga #photo

松本山雅FC戦を明日に控え、改めてというか、更新のネタが見つからずでした。京都戦の写真をあげながら、振り返って。遠征中の方も、ぜひ時間空いた時にでもどうぞ。絶賛、GW中です。。W-up中のリザーブメンバー 奮闘したものの、セットプレーから2失点のキ…

冷える夜は人恋し #セレッソ #写真 #舞洲 #始動日 #詩的

ずっと桜が咲いていればいいのに春の暖かさと平和が永遠に続けばいいのに世の中の不幸が全部消えればいいのに無茶苦茶な願いを、寒空に投げてみるだーれも、なーんにも、言わないけれど風が強く吹いたのは、きっと地球の返事?それとも、また起こる悲劇の前…

「生きる」 #谷川俊太郎 #詩 #写真 #セレッソ

谷川俊太郎の「生きる」という詩が好きだ。 谷川は「たにがわ」ではなく「たにかわ」である。 日本で唯一、詩人として食べていける人。だ。 「生きる」の一部分。 生きているということ いま生きているということ いま遠くで犬が吠えるということ いま地球が…

桜の咲く季節を、待っているんだ #セレッソ #写真 #詩 #サッカー

その時は、喜んだり、悔しがったり、一喜一憂しているんだ。その場にいて、しっかり感じてるんだ。ただ日が経つと同時に、だんだん薄れていくんだ。もう、あんまり覚えてないんだ。あれだけ嬉しかったはずなのに、あれだけ悔しかったはずなのに、新しい記憶…

柿谷曜一朗へ勝手に贈る詩。。 #セレッソ #写真 #二択 #サッカー

この詩(うた)は、ある人が書いたものなのですが。 今の柿谷曜一朗に合うのではないかと思い、載せます。 彼がどんな風に考え、なぜ2016年にセレッソ大阪を選んでくれたのか。それはいずれ色んな場面で明らかになるとは思いますが、あくまでこの選択さえも…

熱い気持ちを持った男達 #セレッソ #サッカー #一眼レフ #写真

熱さは、作ろうと思っても作ることはできない。例えば、モチベーションを上げたり、何かに没頭したり、強い気持ちで何かに挑んだりする時。そこには熱がいる。熱い気持ち。サッカーで言うならば、試合に勝ちたいという思い、ゴールを決めるという思い、競り…

どんな年になるだろう。#2016年 #セレッソ #写真 #一眼レフ #サッカー

2016年は、どんな年になるだろう。 いつもぼんやりと考えたりはするけれど、今年ほど鮮明に景色が浮かぶのはあんまり無い。心の中では「どんな年になるだろう」という感情よりも「こういう年にしたい」という願いの方が強い。 見たい景色、見るべき景色に向…

大した事のない者の、2016年 #セレッソ

僕は、大した事を書くことができない。2015年がもう過ぎ去って行こうとしている大晦日に、セレッソを振り返ろうとも、1年を振り返ろうとも、自分の事を考えようとも、大した事を書くことができない。そうやってある意味、自分を卑下してここまでやって来た。…

2015年の振り返りと、愛と #セレッソ #サッカー #写真

今日が仕事納めで、さっき終わったのでもう年内の勤務は終わり。勝手ながら、今年は「前進」をテーマに掲げて、僕個人としてはやってきたつもりで、どうだろう…進めたのかなぁ? 今年からセレッソの見方を変えたのは大きかった。写真を撮るようにして、ホー…

「セレッソの蛍から、世界のHOTARUへ」 #セレッソ #山口蛍 #写真 #サッカー

清々しい気持ちになっていたのは、蛍だけではなかったはず。サポーターも蛍自身も、ここ暫く続いていた移籍に関してのモヤモヤが晴れて気持ち良い形で挨拶の場を過ごすことができただろう。山口蛍というサッカー選手が、今後どうなるか分からない。将来「セ…

移籍しても、セレッソ大阪と山口蛍の糸が切れる訳じゃない。#写真 #サッカー

私の素人目で見ても、セレッソよりも日本代表でプレーしている時の方が蛍は楽しそうだった。それはセレッソが楽しくない訳ではなく、セレッソではキャプテンをある種、演じていなければいけなかったからなのだと思う。蛍は、2014年、そして2015年と2年間キャ…

楠神順平はまだ、序章の中にいる #セレッソ #写真 #楠神順平

出会いと別れは、薄いフィルムで隔たっているだけの、本当に近い近いものだから。 これから、多分もっと大きな別れがあるかもしれない。それは、セレッソももちろん人それぞれの話でもそう。 だからこそ、新しい出会いには大歓迎をもって迎えてあげたい。も…

誰に宛てる歌だろう #セレッソ #写真 #詩 #2015年

あなたが傷つくということは 僕も傷つくということで あなたが悲しむということは 僕も悲しむということで あなたが嬉しい時は 僕はそれ以上に嬉しくて あなたが幸せだと感じる時 僕がそこに関わっていることを願っていて ようするにあなたは 僕のすべてで …

また咲かなかった桜 福岡 1-1 C大阪 #セレッソ #J1昇格プレーオフ #アビスパ #写真

試合終了のホイッスルの後は、しばらくただ空を見ていた。 失うものは何もない、なんてことは無いんだ。 勝ち取れなければ、何かを失う。 2015年12月6日の長居の夜空に、消えていったものはきっと、セレッソの大切な何かだろう。あの空に消えていったものは…

寒くなる空と、熱くなる心 #セレッソ #写真 #サッカー #J1昇格プレーオフ

熱くなる心に比例するかのように、寒さがより一層厳しくなってきた。いつもなら、天皇杯のことなんか考えつつ来期の編成の噂なんかがちらちら出てくる頃だけど今年は違う。 セレッソにとっては、久しぶりの大一番。割と毎年大一番があるセレッソだけど、決勝…

長居から更新 J1昇格プレーオフvs愛媛戦を前に #セレッソ #cerezo #写真

いまは、長居から更新。続々とサポーターが集まってきて、いよいよ始まるんだなと。目指すべき場所へ到達し、新しい一歩を踏み出すために。必ず勝ち抜く。もうここまできたら、気持ちの部分が大きい。絶対に相手より上回って上に行くという強い気持ちを持っ…

私は、織の中の鳥 #テロとトリコロール #セレッソ #CerezoOsaka #サッカー #写真

トピック「トリコロール」について 僕は普段、このブログでセレッソ大阪について書いています。 セレッソの試合が毎週末楽しみです。 同じ地球上での出来事なのに「世界」という言葉を使った瞬間遠くなります。 セレッソを見ているとき、少なくともパリのこ…

セレッソへ。~手紙~ #セレッソ #cerezo #Photo #写真 #詩

流れに乗るしか 道がないなら もう道が無くてもいい 自分にしかできないこと、が無くても 何かに没頭できていたらそれでいい 結果がついてこなかったら ついてくるまでやればいい もし結果が出なくても また次の夢を追いかければいい 今年が勝負と言って上手…

ルールというもの #意味はない #私的な考え #サッカー? #日々の暮らし

僕たちの周りにはたくさんのルールが存在していてそれが息苦しさを生み出したり逆に爆発を助長したりする法律や憲法や規則など色んなルールで人を縛るけれど守らない人間はどこかで現れて人の想像を超える狂気を行ったりする安全第一をルールにして色んな罰…

セレッソと自分に贈る言葉① #日記 #cerezo #セレッソ #詩

勇気ってのは、湧いてくるものじゃなくて。 作る(作れる)ものなんだ。 だから、何事にも怖がっちゃいけない。 勇気が湧かないからと言って、辞めたり諦めちゃだめだ。勇気は作れる。君自身の心持ちや行動でいくらでも作れる。 いま何か大きな壁にぶつかって…

夢の頂とはなんだろな #セレッソ #cerezo #diary

夢の頂とはなんだろな欲しいものが手に入ることだろうか。自分の思い通りにいけばそれでいいのだろうか。好きなことをできたら、それが頂点なのか。 セレッソを観に行ったり、写真を撮ったり、好きでやってて。朝早くから勝利を願って待ち列に並んだり、人混…